Partners パートナージー.png

ポートレート(肖像画)というのは、身体的な類似性を忠実に再現しつつ、私たちの顔を表現したものだという確信に、私たちは慣れてしまっている。プロジェクトのこのパートを開始するに当たり、他のアーティストたちとのミーティング中、このテーマをより広く網羅しようという結論に至った。ポーランドと日本からの参加者に、彼女たちの日常体験に関するアーティファクトをいくつか用意してもらった。それは生活ルーティンに付随するもので、しかも特別な感情を呼び起こし、自分に近しいものだと感じるお気に入りの、特に大好きなものにしてもらった。後にポートレートを製作するに当たって、大変重要な要素となったのは、そのモノに付随してお互いに語られた物語だった。リモートで会い、植木鉢や包丁、刺繍、箸などいろいろなモノについて話をした。私たちは別々の国の、別々の町に住んでいるので、モノやそれらに付随する物語は、一人歩きを始めた。そのうちの一つは、グダンスクから私の元へとたどり着き、聞いた物語に沿って、ポーランドからの参加者のモノに関するミクロ・ポートレートを描き始めた。ポーランド側の物語とモノの対話において、アイヌ女性たちは日本から、自分たちのアーティファクトを用意し、ポーランドへ送ってくれた。それらがワルシャワの私の仕事場に届くと、聞いた物語に沿ったポートレートを作成する全過程を繰り返した。
こうして、集められたモノや物語、顔のパートから様々な体験へと手を伸ばし、それぞれの女性のすっかり完成したポートレートを作り上げた。

[ベアタ・ソスノフ スカ]

[作品の写真全てはカロリナ・ユージヴィアクが撮影しました。]

猫の毛

クリ − 私の大好きな青目の雌猫である。

そのピンク色の舌は女の陰核を連想させる。

日本語でクリトリスとも言える。

[カタルジーナ・パストゥシャック]

その根は、私の水族館、

つまり私に動作や定期性や優しさを教え

るその魅力的な水中の世界に住んでいた。

その水中の世界は、バルト海の生態学

に一生をかけた母のエルジュビェタとの

繋がりでもある。

[カタルジーナ・パストゥシャック]

この乾燥した葉は気仙沼市で、

海岸から数百メートル離れていた木から

取ったものである。2011年3月に津波の

水は40トンの岩をその海岸に流された。

水中地震のきっかけで起こった津波は気

仙沼などの海岸都市の広い面積を流れ、

人家を破壊し、地形を変更した。私は北日

本を旅行していた時に、2011年の大震災を

体験した方々からその人生の危機的な瞬

間の思い出を数多く聞かせていただいた。

彼らは、日常の生活へ強力に流れ込んでし

まった「水」をいかに覚えたのか。

[カタルジーナ・パストゥシャック]

今年の最後のキノコ狩りの外出から持っ

て帰った木の部分である。菌糸体や晩秋

の濡れた森の匂いをしている。

渡す時にまだ湿っている。

このような環境の部分を持って帰って、家に並べる。

懐かしいことを思い出してくれる。

[ナタリア・ヒリンスカ]

紙の構成を検討すると停止する。

コラージュを作り始めた時にそれを発見した。

四方八方から紙を浴びる – 紙を見つめ、移し、

くしゃくしゃに潰し、破る。しばらく消える。

日本からの切手 – 札幌のマサさんの家が懐かしい。

[ナタリア・ヒリンスカ]

自分で作った接触マイクの部分である。

このマイクが伝える振動を聞いたり、

音の物質性を実験したりするのが好き。

私は音との身体的な関係に引きつけられ、

動かされる。

[ナタリア・ヒリンスカ]

犬の胸像

7ズウォティから5ズウォティに交渉した。

それを見るのが好き。

たまにその温かい目つきは満足できない。

[ジョアンナ・ボロフ]

ナイフ

芋の皮をむくために不可欠である。

よく手に合って、細長い皮が剥ける。

使う時に親指が痛くない。

[ジョアンナ・ボロフ]

花がある部屋に時間を過ごし、

花に浄化された空気を吸うのが好き。

花は実家も思い出させる。

自宅に花が多すぎる。

[カロリナ・ユジヴ ィアック]

ルビアナ村からのカシュブ模様のお皿は私の

職業の生活を象徴する。グダニスク医学大学

と大学病院で栄養学を教える。

このお皿は私にとって、良い味、良い食べ物、

ビーガンであること、

また1998年からカシュブ地域の首都のグダニ

スク市に住むことの象徴でもある。

[アレクサンドラ・スリヴィンスカ]

黒いドレス(芸術的な生活)-「遊牧の女」

の初演からの衣装である。

2017年に丸山博教授の招待でアマレヤシアタ

ー&ゲスツと共に札幌へ旅立ったその時に、

私のアイヌの女たちとの女性史が始まった。

[アレクサンドラ・スリヴィンスカ]

フェイスクリームの容器(個人的な生活)

- 親密な自分の時間である。顔にクリームを塗る

という朝晩の儀式で1日を始め、1日を終える。

グダニスク湾の眺めや植物の香りやちょっとし

た休息に伴って、容器のクリームはバックルの

ように始まりと終わりを結び付ける。

[アレクサンドラ・スリヴィンスカ]

​​子どもの頃から時計は私の傍にあった。

それに、子どもの頃から時の経過を強く感じていた。

時計が壊れると、それを分解して直そうとしたものだった。

うまくはいかなかったけれど。

壊れた目覚まし時計も集めていた。

怒りっぽかった父が時々壁に投げつけたものだ。

散らばった部品を見つけては、

目覚まし時計を新たに組み立てようとした。

これもうまくはいかなかったけれど。

いくつになっても、

時計のチクタクという音を聞くだけで、

心が安らぐ。もう十代の頃から時計を腕に抱き、

耳に押し付けたまま寝るのが好きだった。

規則的なチクタクという音に耳を傾けるのが好きだった。

時計に狂いがないかを調べ、

毎朝ネジを回す、という時計を使った“儀式”が好きだった。

電化製品が世の中に広く出回るようになると、

電池の許す限り聞こえる、

秒針のチクタクいう音だけが残った。

チクタクといえば、田舎の祖母の家にあっ

た壁掛け時計のボーンボーンという音もそうだ。

30分になると一つ鳴り、時間きっかりになると、

その時間の数だけ鳴る。今私が怖いのは、

ラジオやプラスチックの小さな箱に

取り付けられたデジタル時計の静けさ。

[ベアタ・ソスノフ スカ]

旅をするのが大好きだ。

そんな旅の中で、

大西洋とその自由奔放なところに恋してしまった。

広大な海を見つめ、波を観察するのが好きだ。

いつも旅の途中で見つけた形あるものをお土産に持ち帰る。

この貝殻こそが、そのうちの一つ。

[ベアタ・ソスノフ スカ]

コーヒーは、一日の始まりにあるもの。

長く、時にもう忘れてしまった眠りから覚めた思考。

味と香りの思考的体験。

このコーヒーカップは、

コーヒーを飲むという快楽のシンボル。

[ベアタ・ソスノフ スカ]