top of page
Partners パートナージー.png

作品などの物を交換することに基づいた対話に女性芸術家を招待するという考えは、直接で触覚的な出会いへの憧れの表現として現れた。ポーランド人の芸術家6人は、それぞれ1つの物を準備し、それが札幌に送られた。そこで、アイヌの女性たちは、指示に応じて、完全に自由に、または特定の指図の通りに、それを作品に仕上げた。 ポーランド側では、アイヌの女性芸術家が始めた作品1つがヨアンナ・ボロフに完成させた。ヨアンナは自分の芸術活動に刺繡を使用していることは、その決定の理由でした。そのアイヌ女性たちとの共通点は、触覚的な対話という概念に私を導いたのである。
日本からポーランドに送られた他の物は、ベアタ・ソスノフスカ(マイクロ肖像画の担当)およびアマレヤシアターのチームに着き、『アイヌとカムイのためのレクイエム』に含まれた。

[ナタリア・ヒリンスカ]​

[写真は藤野知明が撮りました。]

テキスト 

おやおや、チェンストホヴァの聖母様。

最愛の全能者イエス、可哀想な孤児の私。

神様、どこへ飛び去ったか、愛しいハヤブサ。

神様、私はどうしようか、誰を抱擁するのか。

敬愛の主様、なぜ私を去ったのか。

私の唯一様。

二度とあなたを見ない。

どうしようか、可哀想な私、どうしよう。

芸術家: ジョアンナ・ボロフ、田原良子

夫を失った女性の嘆きを刺繍した。

[ジョアンナ・ボロフ]

良子さんはヨアンナの悲しみを和らげようと、メノコ・イナウという、アイヌの女性がアイヌ女性に送るお守りを縫いました。 

芸術家: ナタリア・ヒリンスカ、⻫藤淑子

静める悲しみの時期の私を刺繍した。その時、体内動作に集中していた。時空が停止しているみたいだった。当時、私と共住していたモニカは、私の涙に十字を見たから、そのように刺繍した。

[ナタリア・ヒリンスカ]  

芳子さんは泣いている子供が刺繍された布に涙の水溜りを縫いました。

芸術家: ベアタ・ソスノフ スカ 加賀谷京子

 

1歳2歳ぐらいの頃、母に着せられていた私の小さいドレスを送る。それは小さい女の子という私の有形の痕跡であるため、大切にする。それを触ったり、撫でたりする時に、その頃の私を触ったり撫でたりする。その小さいドレスは、全く大人に頼る子供の純潔と脆弱性を連想させる。私の子供の頃は、残念ながら大人に傷つけられた時である。

成人の女性として、小さい女の子であるその私の性格の部分を世話してみる。その最も重要なところ、つまり信頼、歓喜、世界への開放性、善良と愛を守ってみる。アイヌの女性たちに、その世話を支援するように頼む。小さい女の子を守るため、成人の私がなりたい人を支えるため、その小さいドレスに自分の伝統に関連する模様を刺繍するように頼む。

[ベアタ・ソスノフ スカ]

 

貴美子さんはベアータの子供服を子供時代のベアータを両手でそっと包むように優しく縫いました。